右肩下がりのドクターイエロー

なんでもありの日記。ゲーム・アニメ・ネット・妄想の話が多い。記事の半分は冗談で出来てます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.03.23.Wed

吉原彼岸花 感想

予想に反してフルコンプしてしまいました。
結構面白かったと思います。真相EDがハッピーEDではないんですがメリーバッドEDですかね。
自分は満足してしまいました。
あと前回なっかなかデッドEDとかないなーと思ったんですが、真相に近づくにつれちゃんと用意されていましたね。あとエロゲっぽい座敷牢や3Pおクスリ入水炎上心中と、見てて正直「優しいな」とか「これで気が狂えるなら良いかもね」って思うものがわんさかでした。よ!エロゲ!って感じで楽しめました。

●悲劇の序章~神楽屋彰人~
序章とかいうな・・・・・・って思いますけど序章だと思いました。神楽屋さんは金貸しで取り立てもするんですが付き合ってみたら結構いい人じゃあないか、というか根がいい人なんだなって感じなので悪印象があんまないですね。で、ヤダーこの人いい人やんけって思っていたらまさかの「お前の父ちゃん母ちゃんを取り立てたのうちだった」でガーン。本人もちゃんとガーンするところがこの人のまともな神経が伺えます。まともすぎて最後は刺されちゃって死別EDになったり気の毒なんですが、主人公このあと廃人とかにはならないですよね・・・・・・?
座敷牢エンドでは刺青入れたりとにかく手篭めにしたかったんだという気持ちが伝わってきました。しかしながら主人公も気がふれきってないのか最後は「私を殺して」って言ってるので、あ、結構まともな人間同士の恋愛だったなあと。

●王道を突き進めたら寝取られに目覚めた~伊勢屋惣一郎~
メインヒーロー枠だな、と。メインヒーロー枠なんで色々期待していました。いやまさか10年間主人公を探し続けたとかそんな少女マンガみたいなこと、してるーーーーーーーーーー!この人してるーーーーーーーーー!手段がやばいけど、まあ後ろ盾がないなら仕方ないよねっと。めっちゃ羽振りがよくて逆に怪しいと思われるあたりなんかこう詰めが甘いっていうんですか!まあ10年越しの恋じゃ焦るってもんで。床入れの際に紳士っぽかったりするんですがその、稲荷であった時すでに小枝折ってましたからね(小枝折ったくらいであんな血が出るのか?とかは考えちゃいけないんですよね)
合間合間でいい感じのエピソードを入れてきて、伊勢屋と駆け落ちするかーみたいになって本領発揮するのが桜華屋ですね。ここの因縁が重い。主人公は主人公で桜華屋に申し訳ない気持ちがありまくりだしそれをなんとかしたい伊勢屋がチャカ出すぜ!ってとこで色々分岐しますね。
・入水エンド
主人公の傷が悪化したままお尋ねものになり死期を悟って故郷の湖で入水ED。OPにも出てくるしやるよね、入水EDは綺麗(実際やると綺麗じゃない)でいいなと。首吊りとかじゃないのが良心的ですよね。
・桜華屋飼っちゃうエンド
勢いあまって桜華屋の反対の目までぶっ刺しちゃった主人公が申し訳なさすぎてそのまま桜華屋を飼っちゃうED。南に下り沖縄あたりで隠遁生活しつつ3Pだーってことでやっぱり3Pしていました。そこで伊勢屋が「他の男に抱かれている君を見ていると興奮するんだっ・・・・・・!」ってなってこの人相当面白い性癖持ってたんだなって。まあ10年待ち続けられる根性がそっちに向かっても仕方ないかなと思いました。
あとは(?)ハッピーEDです。

●幸せかどうかは本人たちが決めればいい~桜華屋時雨~
って感じですかねー。
桜華屋色々と不幸な生い立ちMAXなのはわかったんですが、そこからの倫理観ぶっとばし展開に久々に抜かれたね、度肝が!どっち方向に抜かれたかといえば「真相キャラをここまで悪役に仕立てていいものか」ってやつです。繰り返し聞こえる女の奇妙な声ってのはまあ足抜け遊女への折檻だろとは思っていたんですが折檻というより精神安定のための行為だったし、可愛そうだけど、ただ主人公を手に入れるためにって理由で親殺しちゃう倫理観も壊れていますね。伊勢屋もそうなんですけど主人公に対するベクトルが愛なのか執着なのか「俺フィルター」のかかった何かなのかプレイヤは判断がつかなくなっていくという。つまり愛とか恋とかそういうシンプルなもので片付けられない、自身の心の穴埋めだったり代償行為だったりそういう意味で他人と「繋がりたい」ってなる感情があるよってことを学びました(無理やり感)
真相バッドEDが面白かったですね。何が面白いかっていうと死人に心奪われた主人公のリクエストにこたえてまた伊勢屋が頑張っちゃうところですかね。伊勢屋さんは「主人公が望むなら」と「手元に置きたい」を両立させようとして寝取られ属性を発揮するあたりが一番生き生きしていると思いました。
真相EDは綺麗でしたね。良くも悪くも予想通り。まあ吉原舞台なら最後にはドドンと一発炎上心中させたくなるよなーと。心中EDで本人たち満足そうだったのでまあ良かったんじゃないかなと、プレイヤは蚊帳の外で眺めていました。

適当プレイした割には真相から遠いキャラからはじめて、最終的には真相EDに辿りつき合間合間にエロゲぽいあれこれがはさまれてて様式美~だったり製作側の「これがやりたいんじゃ(特に吉原炎上)」が見れてよかったかなと。近年では珍しく満足度高く本当の意味でフルコンプできた作品でした。
FDや新作は出るんですかね??とりあえず貴重な18禁乙女ゲブランドなんで今後のご活躍を期待しますぞってことでおわり。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。