右肩下がりのドクターイエロー

なんでもありの日記。ゲーム・アニメ・ネット・妄想の話が多い。記事の半分は冗談で出来てます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.03.Thu

気力体力の回復が遅いので本を読んでいた

時空歪んでる?もう4月なんですけど何かおかしい!!お久しぶりです。中の人です。
様々な困難を乗り越え(主に薬や他人に頼り寝まくった)、大復活!にはなりませんが、いくらかマシになりました。マシになったら増税が済まされていた!
もうバレてるというかお察しして頂いていたかと思いますが、あのひらがな二文字漢字一文字の心の病気的なモドキでございました。ほんと2,3ヶ月で終わったのでモドキで済んだのが幸いというかゲームでいう体験版っていうか・・・・・・!体験版でもこのように回復しつつも時空歪むレベルでしたので、なんていうか厄介な病気だなあと思いました。なんか風邪以外の病気の話題初めてじゃないでしょうか。うむ。
モドキ最中に丁度「世界一受けたい授業」でやってたのですが、一般に思い込まれている性格によりなりやすい病気というわけではなくだれでもなる可能性があり、それこそ今は6世帯に1人の割合でこの病気になる方もいるとのことですので、皆様気をつけてください!!といっても、経験ないとわかんないんですよね。自分もしばらく「あれなんかおかしくね?」になるまで長かったので・・・・・・。周囲の人に気づいてもらうほうが早いのかもしれません。私は内科の電子カルテ盗み見して気づきました。
そんなこんなで2,3月はゲーム離れがひどいというか、スマフォでよく出てくる乙女ゲ広告を見てもなんかもう「う、吐き気が(失礼)」とか、気になるゲームのキャプチャ見ても「う、胸焼けが」という具合でまともに道楽に興じることもできず、アイマス映画も見逃し、食欲も減退し、嬉しくないけど見事ダイエットに成功しました。どうせすぐ戻ると思いますが!!
もーさー、中の人からゲームだの食べ物だの映画だの道楽類を抜き取ったら何も残らないですよね。というわけでしばらく雲隠れしていたのです(訳:書くネタがない)
そんな折、お友達はご本ということで読んだ本の感想~。

●和菓子のアン
和菓子のアン (光文社文庫)
坂木 司
光文社 (2012-10-11)
売り上げランキング: 14,364

学校を卒業したちょっとぽっちゃり女子・アンちゃんが、目的もなく就職するのもなーということでデパートの和菓子屋さんにアルバイトとして勤めます。そこで起こる日常に潜んだ謎やキャラの立ちまくった同僚や和菓子・デパートの知識も一緒に眺められ、非っ常~にわかりやすく人気があるのがわかる作品でございました。「もうはたらきたくないでござる・・・・・・」な時に読むと辛いかもしれませんが、「なんとかはたらく元気を楽にもらいたい」レベルの時に読むと、いいかもしれません。
洋菓子と和菓子、どっちも好きですが今は洋菓子のほうが人気なんですかね。味も種類も豊富、甘くて優しく繊細な洋菓子も魅力的ですが、和菓子の素朴さ繊細さ奥の深さにどっぷりかつ簡単に浸れます。おすすめ書籍です。甘いお菓子は世界は救う!
にしても、こんなに人気ならば実写映画とかドラマでメディアミックスしてもおかしくないような。どうでしょうかね。

●天地明察
天地明察 上<天地明察> (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 1,084

映画化もされたこちらも人気作品。戦国の世が終わり、「和算」によって改暦に取り組む主人公の一生をさらりと濃く描き出します。なんかよくわかんないまま読みだしたのですが、こちらもわかりやすく簡易に、あと和算のことが理解できずとも楽しく読めますのでこちらもおすすめです。映画はなんだか「夫婦の絆」がテーマ?だったようですが、原作は改暦に挑む仲間たちとのやりとりが楽しくアツい。主人公の人生の中でたくさんの人と出会い、その多くは主人公より早く亡くなってしまい悲しいシーンもありますが、勿論新しい人々にもアツい思いは引き継がれます。今、私たちの世界に当たり前にある「暦」がどれだけ人の世を支配し、変化させることが恐ろしく大変なことなのか、その点も説得力があるなーと思いました。

あと今期好きだったアニメの話。

●ウィッチクラフトワークス
ウィッチクラフトワークス 1 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-03-26)
売り上げランキング: 19,669

身長180cmの黒髪魔女っ子お嬢様が悪魔的な強さで主人公の男の子を守る!という一見ありがちな設定ですが、管理しつくされたキャラクター・全く崩れない作画・テンポが良く面白い会話・女の子いっぱいだけどハーレムにならない手堅さ、そしてヒロイン(ヒーロー)?の火々里さんの一途さと炎を操るカッコよさが楽しかったです。
また、こんなに女の子いっぱいなのに水着回もお色気回もなく、ひたすらコメディバトルを繰り返し様々な思惑が交差するのも良かったです。
評判も良かったようですし、2期は期待できる、かな?


まだ心身ともに回復は途上、新たな困難も待ち受けていますが、増税前に駆け込みで「旭日ニ戀露ス」と「first complex」は購入しました。そのうちやれるといいかなと。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。