右肩下がりのドクターイエロー

なんでもありの日記。ゲーム・アニメ・ネット・妄想の話が多い。記事の半分は冗談で出来てます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.04.Sat

やったゲーム色々(商業/同人)まとめて雑記

あ、あけましておめでとうございます……。2013年まとめることもなく放置が続きました。何かあったわけではなく――とも言えないのですが、仕事的なさむしんぐな影響で、ブログ書く元気が削られておりました。ごりごり。でも、その間にゲームはしていましたよ!週末だけ!アニメはついに秋アニメ全部辞めてしまいました~。アニメ大好きなんですけど、ちょっと話を落とさないアニメも増えて来てないですかね?うーん。や、この時期に前はfate/zeroとかやっていたなとか思い出すと。アニメも数が増えてきて、まず何を見るかってところからになってきましたね。とりあえず冬はのうりん見ますよ!


間があいてしまい記憶も大分曖昧なのですがやったゲームなどつらつらとダイジェストで。

・桜哉(同人・シェア←フリーもあります・乙女)
200_40.jpg
オ、オ、アアアアア………!!
ついに手を出してしまいましたtetrascopeさんのアンドロイド乙女ゲー。実は随分前から存在だけ知っていてその時はまだ制作中だったのですが、やっぱりやってる方が増えてきてどこ行っても好評価なんですよね。初めて見た時から、顔が好みすぎて設定も好みすぎて、これは迂闊に手を出してはいけない出したら消滅してしまう……!と、思いしばらく放置、忘れていたのですが(おい)、同人ゲやりまくってるからついでにやるかー的にプレイしました。
神 作 降 臨 。
と、へんな言葉を使ってしまいたくなるくらい悶え悶えに悶えまくる作品でした。
ストーリーは結構シンプルで、主人公は桜哉という青年のアンドロイドと暮らしていますが、幼馴染との再会で関係が変わって行ってしまい、主人公はアンドロイドである桜哉のことを愛することができるのかそれとも、って話です。よくよく考えれば今までに何度も語られてきたテーマ・恋愛のきっかけは乙女ゲーとしても超絶スタンダードな題材なのですが、制作側の筋の通った主張と覆らない運命や業が描き出されていて、納得の一品でした。特にエロシーンは人間とアンドロイドの絶対に埋められない差が明確に描かれ、エロスチルを眺めながら「なるほどそうだな!」と膝を打つこと受けあい(嘘です。でも本当かも)
ていうか桜哉が萌えです。ただただ萌えです。END1でわかるあの、主人公を何故愛しているのか、という理由のところで涙腺崩壊顔面強打、といった具合でございました。そのあとEND7にいってしまい別の意味で悶えますが、修羅場面白すぎました。うむ。
製品版を買うとクソ出来のいいサントラがDLできたり何かとお得な仕様ですので、安価でここまで良い思いをしていいのか、と罪悪感を抱えましょう。主題歌もED曲も作品の世界観とマッチしてて非常に良いです。ムービーを見ただけで「うわー」となる方はなるんじゃないでしょうか。「birthday」から「gift」の流れは今思い出しても泣いてしまう。
桜哉をやってしまい茫然としたので、商業乙女はしばらくお休み、な気分にしばしなりました。

・CO2+(同人・フリー・乙女)
bana_tori.gif
猪鹿蝶さんの近未来恋愛ADV。
ちょっとSFファンタジーな世界で、学校に閉じ込められてしまった主人公は3人の男の子と過ごすことになりますが、てお話ですが、脱出ゲではなく純粋な乙女ゲーです。質の良いキャラゲーと言っていいのかも。
環境汚染の進んだ地球が舞台だったり最近では世界観が珍しい(私の中では)感じで独特の透明感がありどうかなと思いプレイしたのですが、主人公含む登場人物が純粋な人間じゃなかったりして面白いです。攻略対象が様々な動植物の遺伝子を持っていて、それを生かした受け答えや恋の落ち方結末の見せ方は、非常に納得のいく仕上がりです。主人公は水に適応できる遺伝子操作を持ったクオーターだから、植物の遺伝子を持った男の子は花を咲かせたいがために惹かれる、とか、人種にも人類・研究種・鑑賞種があって、それぞれ扱いが違う、とか。設定に基づいた恋愛模様が描かれていました。
人型PCも現れますが、学園の全機能を制御する彼との恋愛は上手くいくのか、とか短いながらハラハラします。
他にも色んな種族がいるのかと思うと夢が広がりますね。こういう設定でシナリオの長い作品が読みたいなーと思いました。

・コーポ世迷坂(同人・シェア・BL)

アパート崩落まったりサバイバルADVって何のことだろう。しかし絵が綺麗だなということでプレイ。突然崩落したアパートで(!)憧れのお隣さんにパシられながら救助を待ちますが……という話。パシられるっていうのは、崩落した瓦礫のなかから生きるために必要なものを持ってくるってことなのですが、持ってきたもので色々とリアクションが変わり結末が分岐していきます。18禁BLゲですがとにかくイラストが綺麗。清潔感あるデザインと動くミニ3Dポリゴンが可愛いです。癒し系。

・オメルタ~沈黙の掟~(商業・BL)
オメルタ~沈黙の掟~ 通常版
花梨シャノアールΩ (2011-10-14)

FDじゃなくて続編が出るようだよ、人気なのかな!ということで手を出していなかったなーとプレイしてみました。が、自分には合わなかったかな?と思います。絵がとても綺麗で立ち絵もエロシーンも美しく、愛情を持って作られたことはわかるのですが、どうもシナリオに突っ込んでしまってその手が追い付かない。怒られるかもしれませんが「愛すべきネタゲー」賞を授与致しました。クソ、とかつまらない、とかましてや雑(色々すっとばしている所はあるのですが)というわけではなく、制作側の情熱はすっごい感じるしやりたいこともわかるのですが、どうもいちいち笑ってしまい真剣に話が聞けない状態でGRANDエンドまで行ってしまいました。
感想を漁ってみると、キャラ萌えゲーだったのかな?と思っています。言われてみればキャラ数多い。JJに上手く萌えられなかったり好きな攻略対象が出来なかったのが敗因かなあ。

・君と彼女と彼女の恋。(商業・男性向け)
君と彼女と彼女の恋。通常版
ニトロプラス (2013-08-30)

発売してから一気に話題になり、いつやろうかなーいつやろうかなーでもなんだか大変そうだから時間がある年末に!ということでプレイ。あらゆるネタバレ考察を見てからでも、やっぱり怖いもんは怖かった。びっくりどっきりハウス的な感じでプレイしていました。数々のホラーな演出にいまでもないtelinkoがひりひりします。
画面や立ち絵の雰囲気は牧歌的。水彩っぽい塗りに綺麗な背景は、癒されますね。好きでした。
携帯電話の番号を入れたり、質問に答えてロックを解除したり、パッケージに入ったキーコードを利用したり、とにかくプレイヤーがきちんとゲームに関与できるようになっているのがすごい。作る側も大変だったんでしょう、ライナーノーツの空気がなんか、心なしか憔悴していました(笑)それだけ真剣に作られたということだと思います。
キャラ「萌え」は、ちょっと難しかったです。なのでエロシーンがエロいっていうより、一生懸命喘いでもらって申し訳ないなあって感じ。あらゆる不都合を包括したアオイと美雪で、美雪はこちら側にテキストボックスなしで訴えかけてくるのですが、やっぱり画面の壁は越えられないなあ、と。桜哉とかドラマダのクリアで感じた異種族間恋愛的なものをそれこそ、「私と美雪」の疑似恋愛として真面目に感じ取りました。感じ取ったうえで越えられないなあと思ったら、美雪も日記にそう書いていたので、悲しくも安心してしまったり。赤ちゃん欲しいよとか、悲しいです。エロゲのテンプレな台詞なだけ、余計に。
色々と怖かったんですが、それぞれの運命と、業と、思いがかみ合わず悲劇が起こる仕組みは見事(バイオ先生ひどいや)で、美雪とアオイを選ぶシーンで2人に大泣きされてしまい私も泣いてしまいました。ごめんよう。
私の美雪は、子供の頃魔法少女になりたくて、シュウマイ作るのが上手で、イチゴの匂いが好きな女の子でした。


こんな感じです。いやー年またいでますがなって感じで……。
久方ぶりにネット回ってみると、2013年振り返り的記事が多くてとても楽しみました。皆さま、いろんな思いやランキングがあってうむうむと読みましたですよ。
中の人的には、2013年は良いゲームがたくさんできたと思います。や、もちろん途中で投げたもの積んだものたくさんあるのですが、選り好みしたおかげで納得感のある作品も多かったなーと。特にほぼ未開拓だった同人ゲームはまだまだ広い海原であるな時間がいくらあっても足りないじゅるりと、まるごと同人天国 この同人ゲームがすごい 2014年 01月号 [雑誌]を舐めまわすように見ています。ねーねーこのスズケン先生とトム先生の幻の同人BLゲームやりたいんですけど!
横道逸れた。
あと忘れちゃいけない乙女ゲーは、随分と距離が開いてしまったものの、やっぱり嫌いになんてなれるわけもなく、いやらしく執着しながら動向を上から見守りつつ面白そうならプレイしようかなと。お知り合いやお友達諸々から状況をお聞きする機会もたまにあるのですが、良くも悪くも状況が変わってきたようで、一昨年あたりから違和感を感じていたのですが、昨年でやっと「自分は売れ線ターゲットから外れた」ことをちゃんと自覚しました。泣いてない。泣いてなんかいないんだぜ……。
まーそうは言っても時間は先に進むもの。予定されている新作もまだ見ぬ旧作もありますので、のんべんだらりとゆるやかに、許されるならプレイしてできれば楽しめて久々に乙女ゲーのキャラにもんどりうってしばらく乙女の海に還りたい、気もしますが。いや冗談です。ただ少し、懐かしかっただけ。
としんみりしている場合じゃないです。
選り好み厨としては、またたくさんの感想や反応を参考に、自分に合う作品を探し続けられれば幸いです。ブログの更新頻度はすっかり下がりましたが、気が向いたときにこいつ何か言ってるよー的に遊びにきてやってくだされば嬉しいです!
自分にとっても、皆様にとっても良きゲームとの出会いがありますように。
本年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。